お問い合わせはこちら

商品・サービス

SKD11切削加工 高精度加工可能限界とサービスの特徴

治具部品・金型部品 スピード加工センターでは、多岐に渡る難削材切削加工のノウハウを保有しており、様々な製品をこれまで手掛けてきました。こちらでは、SKD11切削加工で当社がどのような加工が可能であるか?について、御伝えいたします。

SKD11への複雑形状加工・切削加工でこんなこと実現できます!!

加工内容加工精度(寸法公差・幾何公差)
細穴加工・穴加工φ0.1mm穴を±0.01mmまで対応可能
球面・非球面加工お客様の求める条件に合わせ対応。
溝加工・溝研削溝幅:0.2mm、溝の側面研削加工もOK
狭ピッチ加工・ V溝加工求める条件に合わせ対応可能
鏡面加工~Ra0.01μm
テーパー加工R0.2mm程度のテーパー加工にも対応
歯車加工7.5°の歯ピッチ対応
c_0145-3

治具部品・金型部品 スピード加工センターでは難削材加工を得意としており、SKD11に関する加工は幅広い内容に対応が可能となっています。具体的に対応可能なサイズ・精度でいうと、±0.01mmの寸法精度ならびに、0.01レベルの幾何公差の実現が可能となっています。上記にはこれまで当社が行ってきたSKD11に対する特殊な精密加工に関する加工限界を加工内容ごとにまとめて掲載をしています。

当社では、これらの加工を如何に実現しているかというと、社内の充実した設備力と加工エンジニアのノウハウにあると言えます。SKD11加工は、機械の能力はもちろんですが、工具の選定・材質特性を理解した加工手順(工程組み)が求められます。つまり、良い設備があればできるという単純なものでありません。

一方で当社では、30年以上の実績を持つエンジニアが在籍している為、SKD11に関する切削技術・ワイヤーカット技術を習熟しており、その技術力を基にした提案ができるため、SKD11の加工はご安心してご依頼いただけます。

実際に行った加工事例はこちら

品質との両立が可能なコスト提案力と短納期対応能力!

対応納期ご発注後、1週間
コスト力①放電加工を切削化でコストダウン ②研削加工を切削化で コストダウン
ロット1個~5個まで対応可能!
c_0099-2

治具部品・金型部品 スピード加工センターを運営する理工電気は、これまで工機部門や生産技術部門の皆様を中心に、お取引をさせて頂いてきました。その中で、お客様のニーズに対応し、当社の加工サービスにおいて培われた能力の最も特長的なものは、納期への対応能力です。

というのも、工機部門・生産技術部門の皆様は、生産工程における最適な工法の開発や、品質の遵守・納期対応という点において、非常にレベルの高い工場運営をされています。そのため、同部門をお客様とする当社の様なサプライヤーには、品質はもちろん、

「来週までに、これが欲しい。」

「この部品がないと生産が止まってしまう!」

という緊急対応案件への柔軟な対応力が求められます。当社は長年、このようなニーズをお持ちのメーカー様とお付き合いをしてきた結果先に上げた納期への対応能力を身に着けることに成功しました。

現在でも、品質とともに納期への対応力という点において非常に高い評価をいただいており、長くお付き合いをいただいている会社様が非常に多くなっています。

次に、コスト対応能力について。

当社は熟練のエンジニアが在籍しており加工ノウハウを蓄積してきましたが、その加工を体現しているのが所属している多くの若手エンジニアであり、そのエンジニアが最短の加工方法を検討し、製作に当たっています。その為、加工品一つとっても、時間当たりの加工チャージを抑えつつ、加工時間も短く製作できることから、コスト競争力があると言えます。

このように当社では長く、工機部門・生産技術部門の皆様とのお付き合いの結果、高い加工能力とそれを実現するノウハウを身に着けてきました。今後は全国各地の工機部門・生産技術部門の方へのサービス展開を行っていきます。ぜひ、一度お見積り依頼をいただければと存じます。高品質と、コストパフォーマンスを両立させたSKD11加工に関するサービス提供をお約束いたします。