お問い合わせはこちら

VA・VE提案事例

治具部品・金型部品 スピード加工センターが提案したVA・VE事例

SKS3の材料を使用するよりSKD-11の方が歪みが出にくい

BEFOER

%e5%9b%b38

自動機の部品として使用される搬送レールや、そのカバー類は、素材としてSKS3材を指定されることがあります。同材は単価の面でみると硬度が高いわりに、安い材料となる為、調達コストを抑えることができます。しかし加工時にひずみが出やすいという難点もあります。

AFTER

%e5%9b%b38a

当社では、硬度・材料単価の面では少し高くなりますが、加工時における歪みの問題を解消できる材料として、SKS3をSKD-11に置き換えることをご提案しています。材料だけでみるとコストは高くなりますが、加工時間や加工時における不良の発生率も考慮すること、SKD-11への置き換えを行う方がトータルでのメリットは高いと言えます。

治具部品・金型部品 スピード加工センターでは、様々な部品製作におけるコストダウン提案が可能となっています。コストダウンに配慮した材料選定を行う場合には、材料単価だけでなく、加工時間までを考慮することでトータルでのコストダウンが可能となります。お困りの製品がありましたら、まずはお問い合わせください。